ブログ

木製建具の魅力 ~湿度調整機能編~

こんばんは!
施工管理担当の西本進之助です(^_^)
今日は、木製建具の魅力の一つ、
湿度調整機能についてお話します!!

日本の“和風”の必然性

日本はの文化、
西洋はの文化、
といわれるように、
からっとした気候の西洋では石の家が多いのに対し、
日本では木の家が多いですよね。
世界的に見れば、
石の家や土の家が多くある中、
なぜ日本ではその昔から
木造建築が中心だったのでしょうか?
まず、
日本には木材が豊富
に存在していることです。
日本には昔から木材が豊富に存在しており、
文明の発展と共に、
神社仏閣の建立もさかんになり
建築技術も高度に発達してきました。
これにより、
木造建築は日本のスタンダードになったわけです!
そして、
ここからが本題。
木材には、
湿度調整機能がある
ということです!
木材は、
吸湿放湿性に優れています。
湿度が高くなると湿気を吸収し、
湿度が低くなると湿気を放出します!
周りの湿度が一定になるよう、
自動調整する機能を持っています。
四季があり、
湿度の高い日本の気候
木材は合っていますよね!
木製建具を使用することで、
より快適な空間
感じて頂けると信じています!!
そんな魅力のある木材には、
それぞれいろんな特徴があります。 →記事「どんな材料で建具を作れるの?」
色味や香り、性質を知って、
理想の木製建具に出会って頂きたいです!

自分だけの特別な建具を

弊社は、
完全オーダーメイドで製作します。
受注後、弊社職人が、
ひとつ一つ、丁寧に造り上げます。
同じ木は、
世界に二つと存在しません。
同じ建具も、世界に一つだけです。
ずっと大切にして頂ける製品を、
また明日からも造り続けます(^_^)